2018年7月23日月曜日

漫画感想 内藤泰弘 血界戦線 Back 2 Back 5巻 My Life as a Doc

血界戦線 Back 2 Back の最新刊5巻を読んだので感想を。

3巻では遂に登場したヴィラン・キュリアス、4巻では次元怪盗の継承、と各話完結ながら物語が連動し始めた最近の流れとは少し離れて、今回は独立気味。
その代わり、既存のキャラクタが掘り下げられて、読み応えのある一冊でした。
1話がたっぷりのボリュームだからこそ出せる、一つのドラマエピソードの濃さが相変わらず魅力的です。

各話感想は以下の通り。ネタバレありです。

・獄中の聖者、その中の咎人
ブローディ&ハマー回。
デルドロがかつて所属していた集団、無思想武装集団デッドリンクスが登場。
デルドロを取り戻しに現れたデッドリンクスとドンパチする話ですが、それ以上にブローディ&ハマーの過去が現れる回でした。
13王アリギュラから逃げ出した過去が描かれるのは初めて。出し抜いたというより、真っ向から逃げ出したんですね。
咎人と一体化しながら聖者でありつづけるハマーのいかれっぷりが際立つ。
自分の痛みも感情も無自覚で、誰かのために動き続ける聖者。
無自覚な自らの辛さと、誰かのために動くという行動原理が混ざった際にあったハマーの狂気の表情が浮かぶ過去に何があったのか気になるところ。
アリギュラが見初めたデルドロすら制御できない、ハマーのゾッとする高潔さが恐ろしい。
ハマーとの日々で丸くなってツッコミになってしまったデルドロが可愛い。
デルドロは自分にハマーが止められず、ハマーはデルドロを守りたくて自分を自分が理解できないことを知っているから、「自分たちを止められる相手」であるクラウスのところへ戻れるのでしょうね。いいコンビだ。
ラストに登場する移動式独房が完全に内藤泰弘先生のセンス爆発で異常にカッコよくて、それだけでもなんだか満足な回でした。

・My Life as a Doc
幻界病棟ブラッドベリ中央病院回。
超極悪犯である機械公・ボルドイミンスクがブラッドベリ中央病院に収容される。
ボルドイを確保したいロウ警部補に対し、病院側は来院した全ての患者を例外なく治療する規則のため協力を拒否。
機械を操る凶悪犯であるボルドイが回復すればどれだけの人間が犠牲になるかわからない中で、なぜ彼を治療するのか、クラウスはどう行動をとるのか。
神にも等しい力を持つがゆえの責任。人を超える力を持つからこそ、人でありながら感情を優先することは出来ない。しかし当然、感情を持つ人間がその決断をするのは、どれほどの痛みを伴うのか…。
自分を分裂させてまで人を救い、神の力を持つがゆえに耐え切れなくてもそのルールに従う、ルシアナ医師もまたクラウスたちと同じ大きな責任を負う者でした。
屋上で自分の分身を泣かせて医療に従事する悲愴さたるや。
しかし機械公に対していつもの装備でいっちゃう辺り、警察機関には異能者の職員や協力者は少ないのかな、と思ったり。今回に関して言えば、ライブラだけに任せるのが得策だったのでは?
あと、さすがに例の犬の変貌ぶりには笑ったね。

全く落ちないクオリティ、まだまだ続きが楽しみです。

以上。