2017年10月4日水曜日

秋田禎信 内藤泰弘 『 血界戦線 グッド・アズ・グッド・マン 』

秋田禎信による血界戦線のノベライズ第二弾、グッド・アズ・グッド・マンを読んだので感想を。
第一弾である前作『オンリー・ア・ペイパームーン』の感想はこちらへ

今作も最高でした。秋田禎信ファンも血界戦線ファンも、満足できるのではないでしょうか。
YMOのアルバム「増殖」を完コピした表紙絵がすごく血界戦線らしい。
今回は秋田禎信流ナンセンスが前回より多めで、前回のような感動路線もなく、戦闘描写は控えめで、ややマニアックな印象。
しかし秋田禎信が描く堕落王フェムトの姿と、本編では語られない堕落王にたいするレオの考えは中々興味深い。
血界戦線ファンなら間違いなくおススメです。

以下、発売日に感想を上げますが、ネタバレ全開なのでご注意を