2014年6月12日木曜日

演劇感想 Aga-risk Entertainment アガリスクエンターテイメント 『 時をかける稽古場 』

新宿御苑前駅近くのサンモールスタジオにて、先日、平日夜にアガリスクエンターテイメントの公演『時をかける稽古場』を観劇してきたので感想を。
ナイゲンでやや話題になった小劇場劇団『アガリスクエンターテイメント』の最新公演「時をかける稽古場」。
ナイゲンが友人から好評で、youtubeで公開されている2012年版ナイゲンが超面白かったので観てきました。
前回が三谷幸喜の大傑作「12人の優しい日本人」をオマージュする議会モノなら、続く今回の公演は使い古された「タイムスリップもの」さてどうなるかと思ったものの、非常に楽しめました。

平日の夜ながら客入りは八割弱くらい? 流れる時間SFやタイムマシンが登場する歌が流す開演前から、ベタなSFや劇団モノの芝居をやる恥ずかしさに対する開き直りみたいなものが見えたり(特にOP映像の音楽)。
平日だからか劇団やキャストの方の関係者が多かったのか、それとも距離の近い劇団なのか、閉幕後のロビーは役者の方々の周りに他のお客さんが集まって混雑。その間をぬってそそくさと退場。階段の前にいたキャストの方に「面白かった」と一言告げるのになぜか照れてしまった。

SF設定自体は使い古された設定そのままで、タイムパラドックスからSF的小道具まで一切真新しい点はないものの、そのベタな設定を舞台上で表現しきることで描かれるコメディは最高!
小劇場演劇の持つ役者の熱とタイムスリップが上手く重なった結果現れる喜劇は、最初から最後までひたすら楽しめて、明るくなれる、そしてやっぱり演劇はいいなと思わせる超おもしろい物でした。

15日までやっているようなので、お時間のある方は是非観たらいいと思います。
以下はネタバレ全開なのでご注意を。
観に行って一晩たった興奮のまま書いているので滅茶苦茶ですが、観劇の興奮のせいってことで。



津和野さん、塩原さん、熊谷さんがとにかくよかった。津和野・塩原の役の顔芸もセリフもとにかく笑えました。
六月による侵略シーンは笑いっぱなし。

ネガティブな感想を述べると、

全編通してキャラクタは割とナイゲンと変わらず。これはまあ、あてがきっぽいから当然か?
展開や台詞がナイゲンと重なっていたのは、脚本家の冨坂友のカラーなのか、続いてコメディだったから被っただけなのか。

脚本家のアサコシの芝居がいかにも脚本家っぽいの「っぽい」が強調されすぎて、リアリティ演技とはちょっと外れて浮いていたような? 浮いてていいんだけど。でも後半の見せ場もそのままなのはちょっと気になった。

タイムパラドックスの色々や平行世界・多元宇宙の話はまあ、使い古されたモノをそのままで、そのあたりはあまり面白みを感じなかった。
特に平行する世界でのビニテの扱いについてはちょっと情報不足というか。時間もののネックになる、そもそもタイムマシンが突拍子もなく現れる現象の処理がちょい雑だった気もする。タイムマシンは受け入れるけどタイムパラドックスは受け入れられない、というのはよくあるんだけど、そこをどう処理するかが時間もののお話の大事なところなわけで。
ドタバタコメディのドタバタがずるずる続いてだれた気もする。

まあ、そんなことを吹っ飛ばすほどとにかく笑いっぱなしで、ひたすら楽しかった!
バミり用のビニールテープがタイムマシン、というのや、タイムスリップでなんとかしたいことが脚本やら準備期間からってのはとにかく面白かった。
そして生の舞台での、時間移動を表現する演出は観ていて楽しかった。
舞台Tシャツがタイムスリップの演出になるってのはなるほどと。

五年後の役者が集合した時に、いったいどんな会話が行われていたのか。平行世界移動の時間ものの魅力って、重なるはずのない世界が重なって別の世界線へ移るのが面白みなんだけど、三つの時間軸の彼らが皆いい方へ変れてそうなのがよかった。

演劇をやりたいという感情と、一つの座組みが一つの芝居を作る熱意、役者と役者、脚本家と役者の関係性で生まれる喜劇がたどり着く結末は、観てのお楽しみということで。
ラストシーンは胸が熱くなりました。

こんな場末のブログにたまたま公演期間中にたどり着いた方、当日券とれそうだったら是非新宿御苑前へ!

小劇場っていいな、と改めて思いました。
以上。

0 件のコメント:

コメントを投稿