2013年3月18日月曜日

絶園のテンペスト最終回 とその他雑記



全然関係ないことを書こうと思っていたけれどふと思いついたので、早急に箇条書きで読んだばかりの漫画の感想を書きます。

テンペストについてのネタバレはないつもりですが、最終回を読んでいない人は回れ右。
  • ガンガン本誌で絶園のテンペストが完結。特別編が始まるので終了はまだ先。
  • 城平京はいつもちょうどいい長さで話を畳みますね。
  •  アニメは観てないけれど調べたらけっこう進んでいるので最後までやるのかしら。
  • 個人的にはこういった、それでもまた日常は続く、といったラストは大好き。
  • 彼らは舞台の役者として振る舞わざるを得なかったわけだけれど、役者ではない以上、彼らの日常は一つの大きな仕事が終わっても続いていく。といった落ち。
  • 主人公二人は今後も苦労しながら支え合って大物になっていくんでしょうね。日本の未来は安泰だ。
  • 最終回で登場した新キャラ、登場人物の恋人二人はいいデザインでかわいかった。そうか、確かにこいつの彼女はこんなタイプだよな、とキャラデザと短い台詞だけで思える。
  • キャラクター造詣がうまいですよね、城平京は。
  • フロイラインと左門のコンビもまた、なかなか好きです。森島とブリジットのように。
  • 城平京作品は好きで、スパイラルからこっちずっと(小説含めて)読んでいるのだけれど、テンペストはいまいち乗りきれなかった。会話劇によりすぎていたからかな。
  • 城平京原作の前二作品にくらべるといまいちでした。個人的には。
  • それでも十二分に名作と呼べるレベルだと思いますけどね。すごくおもしろい。
  • この原作者はコミックスのあとがきで割と素直に言い訳や後悔をつづったりするわけですが、この最終巻には何とコメントするんだろう。
  • 愛花の死とその真相がピークだったわけですが、その後の木との決着がいまいち盛り上がりにかけていたのが残念。
  • 逆に愛花の死については見事に意表をつく、城平作品らしい真相でした。
  • スパイラルのひよのの正体のように、予想して、本当にそうだったらやだなぁといったところを突いてくる。
  • この原作者の愛についての描写は、いわゆる少年誌的少女漫画的恋愛小説的なそれとはまた違った、『愛は見返りを求めないものです』の台詞に集約される独特な高潔さや理想があって好きです。
  • ただの少年少女的な恋愛も出てきて、それもまたいいんですけどね。
  • あと、原作以外に話の構成を組む人がついているわりには、いまいちな流れだった気がします。前半の姫と左門の対決が異様に長かったり、そこから絶園の魔法使いがでるまでがやたらテンポ悪かったりで。
  • 木については、ヴァンパイア十字界の宇宙人と同様に物語のテーマをつづる上で盛り上げ役に過ぎず今回もまたたいした説明も描写もありませんでした。
  • また宇宙か、と思いつつ。長い歴史をへて、宇宙の遺産が人間世界で本来とは違う意味をもって受け入れられて………というのもまた、SFの古典的王道でありますね。
  • なんというか、星新一作品的なモノですよね、あの木ってつまりは。
  • 微妙だと感じてしまったのは、デビュー作から通じて城平作品に共通する悲劇の天才がいなかったからでしょうか。天才故の逃れられない運命とそれに立ち向かえてしまうが故の苦悩、というのはこの作家の一貫したテーマだと勝手に思っていたので。
  • 男二人組の主人公はどちらも天才といっていいし、悲劇的ですけど、その割にはさほど物語の中心にいなかった気もします。
  • 愛花もまた逃れられない運命の中で奇跡的に得た幸福のために死にゆくキャラクタでしたが、開始時で死んでいるのでそこの感情移入が浅くなってしまったのが残念。
  • あと、美形の男二人にきちんと恋人がいるのはいいですね。モテないわけが無いからこの二人。
  • コミックスで一気読みしたらまた違った感想を得られる気がするので、最終巻の刊行を楽しみに待ちましょう。
  • 特別編は何をするのか。蛇足にならなきゃいいけど、この作者なら大丈夫だろうという信頼はありますね。
  • 微妙なずれたボケとか、すごく好きなので、日常パートがメインならそれも楽しみ。
  • またそれほど間をおかずに新作に取りかかってくれたいいですね。
  • 小説ももうちょい定期的に出してくれたらなぁ。虚構推理の続きでもいいし。
  • というか、 第12回本格ミステリ大賞を受賞する作家に小説を書かせないでどうするって話でしょうよ。
  • 最終回まで雑誌で追いかけてきたけれど、この作品が終わったらもうガンガンは買わなくてもいいかなとか考える。一番長く買っている雑誌だけど。コレといって読むモノがないしなぁ、最近は。 マテパが復活すれば買おうかな、くらいか。
  • でもだらだら買うんだろうな。怠惰に。金もないのに。
20130422追記
最終回後の特別編についてはここで感想を書いてあるのでネタバレOKな方はどうぞ。


 好きなジャンルの変化と自分の感性の変化の速度が合わなくなってきている 昨今。懐古趣味になって最新人気作品にぶつくさ言うだけの人間に成り果てかけている。
どうにかしてこれを避けたいが、どうしたいいものか。
いよいよ最近日々の暮らしにも無理が出てきた。

以上



0 件のコメント:

コメントを投稿